亥年にちなんで『GiveBack!!』をリメイク(2019.01.01)

 さあ、気づけば今年で第10段目となる正月恒例のAllegoryリメイクシリーズです。

 今年も、2001年の干支をモチーフにした.KOM@のアルバム『Allegory』の中から、亥に位置する『GiveBack!!』のリメイクに着手しました。

『Allegory』ってそもそも何なの?

 もともと、『Allegory(アレゴリー)』というのは、私が在籍している音楽制作集団『.KOM@(ドットコム)』が2001年10月にリリースした2nd Albumです。

 でも、どうして、このアルバムが毎年のように年始に登場するのかというと、このアルバムの全12曲(厳密に言うと13曲ですが…)が、それぞれ十二支の干支をコンセプトに作られたアルバムなのです。

 ただ、この作品を作り上げたのは、今から実に17年前。大学生だったので、まだお金がなく、十分な機材でレコーディングができず、カセットテープからカセットテープにダビングしながら音を重ねていくという作業で曲を作っていました。

 その後、2003年から2004年からPCを使った再レコーディングを行い、Hetakusongシリーズとして発表してきました。それからでも10年以上が経過をし、ソフトシンセもよくなったし、マスタリングの手法も少しは身についてきたということもあり、その当時のレコーディングをした音源を元に、現在のDAWソフトやソフトシンセを駆使して、その年の干支になっている曲をリバイバルしていこうというのが、このシリーズです。

「GiveBack!!」について

 先にも述べたとおり、この「GiveBack!!」という楽曲は、Album「Allegory」の12曲目として収録され、亥に位置する曲で、イノシシ犬をモチーフにした歌詞となっています。

 楽曲は、『Allegory』レコーディング時の終盤に作成された楽曲で、「梅サウンド」を継承したシンプルなロックナンバー。ちなみに、サビの前にsus4が入って転調するというのが、「梅ジュース」から続いているところだし、実はその元になったのは何を隠そう、B'zですよね。

今年のホストは…

 なのですが、今年はいろいろとちょっと異変が起きております。というのも、5年半ぶりにデスクトップPCを購入し、Windows10にバージョンアップをしてしまいました。

 なので、いろいろと問題が起きるんですよね。2010年から12年までの3年間はSONAR 8.5をホストに仕様。元々、2009年のソフトなので、実に9年前のソフト。当時はWindows 7で64bitに対応したっていうところでした。一様、Windows10でも起動できない訳では無いようですが、さすがに怖い…。

 そして、2013年から昨年まで仕様していたSingerSongWriter10 Pro。こちらは、2012年末に登場したソフトで、そうはいってもこちらも6年前のソフト。一様、こちらもWindows 10でも使えなくはないようですが、今後のことも…と考えて、新ソフト購入しました。

 ABILITYってやつです。といっても、何てことはない、先のSSWの後継ソフトで、見た感じほとんどSSWです。

 いや、それにしても4KディスプレイでDAWソフトをひらくとヤバいですわ。リンク先に画像を全画面表示出来るようにしているので、気になる方は開いてみて下さい。

 それにしても、最近、DAWソフトを起動して使うのって、この年末年始の時ぐらい。なので、いくらSSWとほとんど同じソフトで、大学時代はバリバリに打ち込み作業をしていたとはいえ、もはや使い方をほとんど覚えていない…。何気に一番ショックだったのは、スコアエディッタでまともに音符を貼り付けできなかったこと。いやあ、結構ショックでした。

【ドラム:BFD eco】

 これまでもBFDを使っていたのですが、今回はABILITYに付属していたBFD ecoを使いました。確かに、BFD2はいいんですけど、さすがに60GBもインストールする気にはならなくて…。むしろ、このBFD ecoがABILITYに付属するということで、それなら買ってもいいかなぁと思った次第です。

 ecoといっても、音は十分いいです。むしろ、シンプルで私は好きです。

ベース:D-Pro

 打ち込み部分は新しくABILITYに付属しているシンセを使おうとも思ったのですが、どうにも使い方がよく分からなくて、結局、9年前のSONAR 8.5に付属していたD-PROをインストールして使いました。なので、この点は例年通り。

 ベースは、Finger Bass 1 fx。アレンジ的には、たぶん「Hetakusong 2」のときそのままだと思います。

オルガン:D-Pro

 オルガンは、hammond soul(fast small)。これまで、この今日にはオルガンパートは入っていなかったので、今回新たに追加しました。

マスタリングはこんな感じ

 今回のミックスはこんな感じ。いつも通り、各トラックを一度それぞれのパートごとのチャンネルに飛ばして、それをMasterに送っています。基本的に、ギターとボーカルにはコンプをかけて、キーボードとバッキングギター、ChorusはStereoEnhancerで左右に振っています。

 で、Masterでは、

 少し、グラフィックEQで調整して、

 マルチコンプで音圧上げて、

 最後、Maximizerで仕上げています。去年までのPCは、SONAR 8.5もインストールしていたので、SSW 10でLP-64 MULTIBANDといったSONARのエフェクターも使えてましたが、今回は完全にABILITYのものだけで仕上げました。

完成品はこちら

 それにしても、今回でもう亥まで来てしまった…あとは、子と丑だから、「MICE」と「Instinct」の2曲を残すのみ。