B'z LIVE-GYM 2015 ”EPIC NIGHT"
at 京セラドーム大阪(2015.07.04)

セットリスト

写真はBARKSより(名古屋公演のもの)

 ステージのセットは、驚くほどアリーナ公演と同じ。スクリーンやKI、TMのトラスも同様。

 開演30分前から急にあわただしくなり、ステージ両サイドに車が用意されていく。最後には、でっかいブラジャーが登場。もはや意味不明…。

 ステージ上には、EPIC DAYのアルバムジャケット写真のパネルが用意され、オープニングSEが流れ始めると、ホンモノの赤い風船が飛び出し、そのまま飛んで行き、その流れで、スクリーンにオープニングムービー。

01.RED

 オープニングムービーからそのままの流れで「RED」へ。いきなり、この曲が来ますか!というか、ある意味、このポジションしかなかったかもな。ステージと客席に赤い旗が振られる。松本さんは、普通にステージ下から競り上がって登場したが、稲葉さんはどうだ!?。キョロキョロ探していると、気づけば、ステージ左側の階段から登場。いつの間に…。

02.NO EXCUSE

 イントロですぐに分かりましたが、この時点で、「あれ?、アリーナ公演と似た雰囲気だなぁ…」とちょっと頭をよぎる。

MC:B'zのLIVE-GYMにようこそ~!

 開演前に用意していた巨大なブラジャーがクレーンでつり上げられる。この時点で薄々そんな予感がしてくる…。

 ただ、さぞかし何か意味があるだろうと思っていたら、「これはEPICブラと言いまして、特に深い意味はありません!。ツアーが終わる事には、何かしらの意味が出てくれば…」とのこと。おいおいおい…。「じゃぁ、裏返してみましょうか…」

 すると、吊るされたプラジャーの裏側に、黒背景に白文字の「B’zのLIVE-GYMにようこそ!」の文字。

03.YOU&I

 独特のギターイントロで、すぐわかりました。情報によると、15年振りの生演奏でファンクラブのアンケートで第2位の曲。アリーナ公演のHEATとの時よりも大きな歓声が起こります。

04.TIME

 なんか久しぶりですね…と、思ったらAin't no Magic以来5年ぶりですか。

05.HEAT

 何回やってもいい曲ですね。また、この曲を夏に聞けるというのがうれしい限りです。

06.アマリニモ

 「EPIC DAY」のいいのは、こういう感じの曲の存在感がちゃんとしているところですよね。あとから考えれば、ちょっとGREENの時代の雰囲気があって、「熱き鼓動の果て」や「Blue Sunshine」に繋がって行く感じがしますね。

07.Exit To The Sun

 アマリニモの流れから、しばしバラード&まったり系タイムに突入。このあたりから再び、あれ?アリーナと同じ流れじゃないの?と思いはじめる。

08.Black Coffee

 本当、今作はミディアムナンバーがいい味を出してくれます。そして、相変わらず最後の終わりがカッコよかった。

09.君を気にしない日など

 アリーナでは演奏されませんでしたが、どうやら”Classmate”との入れ替わりで入った模様。

10.Man Of The Match

 前曲が終わると、稲葉さんがはけて、しばし、ジャムセッションに。「完全にアリーナと一緒じゃん」と若干興ざめ。

 それでも、何だかんだでサビの「コレデイイノダ」のところは異様に盛り上がります。個人的には好きな曲ですね。

 ここで、しばしメンバー紹介。まさかの、ここの流れもアリーナからの完コピ!。

11.熱き鼓動の果て

 増田さんのピアノソロから「熱き鼓動の果て」に。ここまで来ると、「もう、アリーナと一緒でいいから盛り上がってしまえ!」というノリに。

 そうこうしていると、どうやらお二人がどんどんステージから移動している感じに。ジャニーズ風なやつで動いている感じでした。そして、「もうすぐであなたに会える」のヘビーローテーション。で、曲の終わりで二人が出会って、サブステージへ。 この演出、嫌いじゃ無いですよ!。

ここで、しばしMC。

稲葉さん「松本さん、何かしゃべらないんですか?」
松本さん「(手を挙げながら)フゥ~!」
観客「フゥ~!」
稲葉さん「なんですか、この妙な盛り上がりは…ここにきて名言出ましたね」
松本さん「(手を挙げながら)フゥ~!」
観客「フゥ~!」
稲葉さん「フゥ~!なんて私が昔から言ってるでしょ!」とちょっと焼きもち。

ある意味、ここが一番面白かったかも。

12.ZERO

 2人で、ブルース調の曲を演奏し始めるが、はじめはなんだか分からず、ようやくAメロに入って「ZERO」だと気付く。

 にしても、この時のアリーナ席は最悪。SS席はほとんど座っているし、S席前方のBブロックも大概座っている。いやいや、それは無いだろう!。一般の人が多い席ならまだしも、ほぼファンクラブ会員ばかりであろうSS席やS席前方がそんなんで、どうするんだよ!。

13.Blue Sunshine

 続けて、バンドメンバーも加わって、「Blue Sunshine」へ。当初は手拍子をしていたけど、シェーンがスティックを振りながら腕ふりを促すから、終盤は皆が腕ふりをしていた。いや、いいなぁやっぱりこの曲最高だよ。

14.有頂天

 このポジションの有頂天はマズイですな。盛り上がらない訳がない!。有頂天にならない訳がない! 。今から、ライブ定番曲に昇格する予感がします。

15.ultra soul

 やっぱり、なんだかんだでultra soulって盛り上がるんだなぁ。結構みんなジャンプしていましたが、大阪ドームではやったらダメですからね。

16.スイマーよ!!

 「うおぅ~、初スイマーよ!!」。今回のツアーの目玉の1つですな。にしても、SS席でクロールしない人が多かったなぁ…ファン歴浅い人が多いのかな?。

松本ソロ(GO FURTHER1コーラス)~

 稲葉さんがサイドにはけて、松本さんがセンターへ。しばしギターソロタイム。「GO FURTHER」っぽいが、結局イントロフレーズだけちょっとやって終わってしまう。う~ん、最近、松本さんのソロが短くてちょっと残念ですな。

17.BURN -フメツノフェイス-

 もしかしたら、演出ありきのチョイスだったのかな。ステージ横にあった車が吊り上げられ、ステージ前を移動したりしつつ、最後はどうなるのかなぁと思ったら、ステージ横にまさかの落下!!。

 ただ、冷静に考えたときに、この演出はちょっとよく分からなかったんですよね。”DIVE”とかならわかるけど、”BURN"で何で?って感じで。

18.Las Vegas

 アリーナ公演同様に、声掛けの練習が進む一方で、あれこれとステージ演出が…。バボットが登場したり、この曲だけの照明が増えたりと、派手な演出に。「Yeah-Yeah、Yeah!」の掛け合いは盛り上がりますわ。

19.EPIC DAY

 正直、アリーナ公演では慣れない速いテンポの曲に、盛り上がり方が分からなかった感じでしたが、今回のドームでは早速マスター。いやぁ、最高の盛り上がり。こういうアルバム曲で終れるというのはいいことです。


[ENC]

20.イチブトゼンブ

 やっぱり、最近はこの曲が定番なんですね。個人的にはあんまり…

21.愛のバクダン

 何だかんだで、やっぱり盛り上がりますこの曲。最後は、Gimme your loveっぽいリフが出てきて、もう1曲やりそうな雰囲気もあったけど、そのまま終了。