稲葉浩志 LIVE 2014 ”en-ball ライブビューイング
at MOVIX日吉津(2014.06.20)

普段映画館に行かない私が映画館へ

 2014年の稲葉さんのソロツアーは、なんと東京での同一会場10公演のみということで、今年は参戦できないなぁと思っていたのですが、なんとライブビューイングで全国47都道府県すべての映画館で同時中継があるということで、昼からお休みを頂いて、行って参りました。

 ただ、普段、映画というものを全く見ない私。MOVIX日吉津の存在自体はもちろん知っていましたが、MOVIX日吉津に来たのが始めてだし(イオン日吉津にも、ここ10年は入っていなかったと思います)、まともに映画館に来たなんて、たぶん20数年ぶりだったと思います。なので、妙な緊張をしてました。

 ただ、チケットは元々持っていましたし、あとはライブと同じで入口で渡すだけなので、何てことはないんですけどね。

 さすが、映画館だけあって、座席はいいですし、少し大きさも広い。普通のホールもこれくらいあればいいのになぁって思ってしまいます。どうしても、こうも大柄だと、お隣さんに気を使いますからね。また、開始前からスクリーンには、通常のライブのように手拍子や席を立ったりするのはOKの表示。まぁ、それぐらいOKにして貰わないとな。

セットリスト

写真は、すべてコチラからリンクしています

01.ジミーの朝
 観客の歓声と共に、アコギ1本持った稲葉さんが登場。でも、バンドメンバーが出てこない。「ん?」と思ったら、弾き語り調で”ジミーの朝"へ。ある意味、順当といえば順当ですよね。アルバム1曲目だし。こういうことが出来るのも、やっぱりソロツアーならではなんでしょうね。
 初めは、5人ぐらい立っていた人がいたけど、それに続く人がおらず、皆さん座ってちょっと手拍子するぐらいの感じ。

02.The Race
 イントロですぐ分かりましたね、タイトルが出てこなかったけど。

03.CHAIN
 思わず、『おおっ!』と声を出してしまったんだよね。初期の曲としては結構お気に入りな曲。バンドで聞くといいんだよね。本当は立ち上がってノリノリで行きたい気分なのに、皆さん大人しいな。こういう所で鳥取人・山陰人のおとなしさを痛感する。

04.Wonderland
 ちょっとMCがあった後に、アコギから「ウウ~、ラララ~」でWonderlandへ。以前はこういう展開って好きじゃ無かったんだけど、最近、B'zもこういう展開が増えてきたから慣れてしまった。
 そして何より、最近この曲聞くとダメなんだよな。思わず泣きそうでした…いや、泣いてた?。

05.arizona
 SATOKOさんのドラムのイントロからすぐにピンときました。やっぱり、そういう所はマグマの曲は染みつき具合が違うんだろうな。

06.Touch
 こちらも、ピアノのイントロですぐ分かりました。なんか、今までのライブにも増して、稲葉さんのエロさが増している感じがするのだが…。そして、Coreyのウッドベースがいいっすね。他の曲でもちょいちょい登場していましたが、こういうテイストが稲葉ソロならではですよね。

07.横恋慕(よこれんぼ)
 というか、この曲、”よこれんぼ”って読むんだ…知らんかった。しかも、意味も今知りました。

08.Golden Road
 ようやく、アルバム曲に戻ってきた。ってことは、ここからそういう展開かな~と一人で予想。元々、セットという程のセットのない今回のライブだけど、ステージ前面に半透明みたいな薄い幕が張られて、そこに銀杏並木が映し出される。Golden Roadってそういう意味だったのか…。

09.眠れないのは誰のせい
 Coreyのベースソロで、すぐピンときましたね。ほんと、今回のツアーはウッドベース登場が4曲ぐらいあったんじゃないかな?。

10.正面衝突
 これまたCoreyのベースですぐ分かりましたが、いきなりのヘビーな曲にテンションの持っていき方がなかなか難しい。しかも、テンポがめちゃくちゃ速い気がするんだけど。歌うのも難しいぐらいだったよな。Bメロの前半部分は、JUONさんが歌ってたな。

11.泣きながら
 MCを挟んで、珍しく「"泣きながら"聞いて下さい」という形でスタート。1曲目のジミーの朝もそうだけど、アコギ+稲葉さんとか、ピアノ+稲葉さんというのが、ダイレクトに歌詞がぶつかってくるし、すごい雰囲気的にいいんだよな。なんか、泣きそうだった、この曲も…。

12.遠くまで
 Duranのギターソロから遠くまでに突入。曲の前半はかなりしっとりと、後半はバンドサウンドで盛り上がっていくけど、個人的にはこのアレンジ好きですけどね。アウトロでそそくさと逃げる稲葉さん…おいおい、何処へ行く?

13.ルート53
 そうこうしていると、遠くまでが終わったところで、ブルースハープを吹きながら登場。気づいたら、「ふるさと」を吹いていて、きづいたら合唱状態。去年の25周年の赤とんぼも良かったけど、なんかさ、いいよね、こういうの…(たぶん、オレも年を取ったんだろうな…)。
 で、”ふるさと”ってことはもしや?と思ったら、案の定のルート53。今回の稲葉さんって、曲に合わせてギヤチェンジしている感じで、この曲はのんびりな雰囲気で気楽な感じで歌ってた。B'zじゃ、あんまりないもんな、こういうのって。

14.StayFree
 このあたりから、ヒートアップが増してきます。サビで「Stay Free!」って叫びたいのに、どれだけこの会場は大人しいんだろうな。

15.念書
 「この曲は歌詞を描いている時から、自分に言い聞かせるように描いていた」という珍しい曲紹介からスタート。Golden Roadで登場した幕が再び出てきて、ELEVENツアーのような鉄格子のオリが映し出される。

16.孤独のススメ
 どんどん盛り上がりが加速していきます。その中で、2番BメロのところでJUONと、
 「悪いのは誰だ?」ってストップして、いろいろありながらDuranに対して「とりあえずあいつを懲らしめろ」っていう流れで再開。こういう雰囲気、今回のバンドメンバーじゃなきゃ出来ないだろうな。
 そして、案の定、最後の「うぉ~お~お~お~お~お~ お~~お~~!」の掛け合いで盛り上がっているのに、こちらの会場は大人しい…う~ん、消化不良だな。

17.Bicycle Girl
 あんまり、B'zに無い裏拍を取る曲っていいな、新鮮で。にしても、何個あったんだろう、自転車の鈴。いくつか、会場に投げ込んでたからな。

18.Cross Creek
 やっぱり、きましたね。ただ、いろいろ調べてみると、どうやらBicycle Girlと日替わりだったみたい。いや、聴けて良かった。

19.マイミライ
 一番この曲が盛り上がっていたような気もするなぁ。
 その一方で、この曲を聞きながら、「おれって、"別にきらいじゃないけれど 若干疲れるかも"なのかな?」と思ってしまう自分がいました…orz。

20.oh my love
 今回のアルバムからしたら、ライブを締めくくるにはこの曲しかないかなぁと思ってました。やっぱり、いいなぁ、この曲。

[ENC]

21.波
 ライブで聞くと、この曲の雰囲気っていいんですよね。

22.友よ
 アンコールにして、この曲の登場に驚き!。珍しく、ステージ前面の台に座り込んで、気楽な歌い方。そして、「友よ~友よ~友よ~」を会場全体で大合唱。なかなかこういう雰囲気、これまでは無かった気がするな。

23.Okay
 いやぁ、意外なエンディングだなぁ。。もう少し他に無かったかなぁと正直に言えば思うなぁ。まぁ、それが稲葉さんのソロらしいといえば、そうなんだろうけど…。

ライブビューイングの課題

①音量

 他のライブビューイングに言ったことがないし、そもそもここ何十年も映画館で映画を見ていないので、何とも言えないのですが、音量ははっきり言って小さいです。確かに、音は割れていないし、いいんだけど、あれでは盛り上がろうにも、今ひとつ盛り上がりきれないところもあります。ライブとは関係の無い重低音がたまに聞こえていたので、他の映画館の方が、音大きいんじゃないの?と終始思っていました。

 まぁ、この点が、配信側の問題なのか、映画館側の問題なのかが分かりませんが…。でも、Twitterで検索すると、他にも音が小さいという感想の声があるので、配信側で押さえていたのかもしれません。

②観客の空席

 これはかなり意外でした。そもそも、300名ちょっとという座席数だというのは確認していましたが、私がe+では最後だった(私が購入したら売り切れた)ような気がしたので、満席だと思っていました。ただ、行ってみると、それほどスゴい人が多い感じはしないし、実際に私の前列とさらに前列は空席でした。たぶん、全部で50席ぐらいは空いていたのでは?。しかも、開いているところは、塊で10席ぐらい空いているのに、私は最後尾でぎっしり座ってるんですからね。それも、なんだか興醒めです。

③観客の盛り上がり

 先にも述べたとおり、配信前には、「立ったり手拍子してもOK」という情報は流れていました。日吉津は、始めに10名弱の方が立って盛り上がろうとしていましたが、それ以降が続かなかったという感じで、その方達も結局座って見る感じでした。手拍子は後半になるほど後方席から増えてきたという感じはします。

 これも、難しいところなのでしょうが、他のライブビューイング会場はどうだったのでしょうか?。こちらも、Twitterで見る限りは、「初めて座って見た」という声があるので、日吉津だけが大人しかったという訳でも無さそうです。

 一曲目がジミーの朝だったというのもありますし、そもそも、先の音が小さくて盛り上がり損ねたってのもあると思います。さらに、稲葉さんのソロとなるとB'zの時以上に「聴きたい」とい人もいるでしょうし、なかなか難しいでしょうね。実際、私の両隣の人は大人しかったですね。MCですら笑わないし。

 ただ、流れとしては悪くないと思うんですよね。しかも、何回かやっていけば、皆さんがライブビューイングの楽しみ方が分かってくると思うし。毎回は難しいにしても、30周年記念の9/21ライブぐらいはやってもいいと思うんですけどね。