CX-5 フロントエンブレム交換(2012.09.08)

このフロントエンブレムが嫌なんです!!

 エクステリア的には非常に気に入っているCX-5なのだが、唯一残念なのがフロントマスクのマツダエンブレムの自己主張加減。

 これでは、どうにもマツダ車というのがあまりにもバレバレだし、自己主張が強すぎます。

 ということで、みんカラなんかを見ると、黒いエンブレムがいい感じだったので私もやってみました。

自分で塗る自信は無いので、とりあえず購入

 自分で外して塗装して付ければ安いのでしょうが、そんな自身もなかったので、とりあえず購入しました。

 リヤも交換したい人はリヤも売ってあります。

で、どうやって交換するの?

 実は、このエンブレムを買ったときに、交換方法なんかも書いてあるのかな?と思ったら、全く何も記載がありませんでした。とりあえず、両面テープなんかではなく、ツメで引っかけてあるというのは分かりました。

<方法1>グリルの隙間から…

 ということで、ネットでいろいろと読みながら捜してみると、まずMIZZさんのページ『グリルの隙間から指を入れてやってみたんですが、ちょっと難しかったのでホーン交換で外したグリル上のカバーを外して交換しました。』との記載…。この「グリルの隙間から…」というのは私も少し試してみましたが、頑張って出来たとして、右側・左側の大きなツメ2つぐらいしか届かず、とてもじゃない、あとのツメは届きそうもありません。

<方法2>バンパーを外して

 実はこれが本当の王道らしいですが、納車2日目にして、いきなりバンパー外すなんて派手なことをする勇気はありません。なので却下。

<方法3>グリル上のカバーを外す

 結局、最終手段で、グリル上のカバーを外すことにしました。この作業については、同じくMIZZさんのページのんちゃん@CX-5さんのページを参考にさせてもらいました。

途中までは意外と簡単なんです…

 なので、流れ的には、その2ページに書いてあることがすべてだと思っていただければ結構かと思います。個人的には、こういった本格的な車いじりが初めてに近かったので、それこそクリップの外し方すら恥ずかしながら知りませんでした。大きなクリップはマイナスドライバーで簡単に外れます(こちらを参考に)が、小さいクリップは中央部を押し込むと外せます(こちらを参考に)。

 最初の関門となるアルミリベットは、両者の方がされているとおり、4mmドリルで揉んで外し、6mmドリルで取付け穴を広げて、クリップで止めるようにしました。ドリルは持っていたので、「大丈夫かなぁ?」と心配しながら作業しましたが、結構簡単でした。

最難関のカバーを外す

 で、これもお二人のページでも書かれている通り、このカバーを外すのが実は一番難しいです。たぶん、1時間近く格闘したかもしれません。普通は留め具を外したら外れそうなものですが、そうはいきません。

 この外したいカバーは、上のスチール製のものと、フロントグリルの折り返しの部分にサンドイッチされており、このカバーに付いているクリップが4箇所、フロントグリルの折り返しの部分に挿入されています。クリップの位置的には上の写真を参考に(両サイドの大きな丸い穴の辺りと、一番はじめに外したクリップのあたり)。

 意外とこのカバー自体、結構柔軟性があるので、そうそう壊れないと思います。ためらわずにドライバーなどでちょこちょこやっていけば外れます。逆に、ツメの方が割とデリケートなので、特にツメは戻すときに注意しないと潰れてしまいます。

 で、あとは上のカバーが外れてしまえば、手を突っ込んで裏側からツメを外していきます。新しくエンブレムを買っている人はツメの位置が分かるかと思いますが、外して塗装される方は、ツメの位置を確認してやって下さい。左右2つと下2つは難なく外せますが、結構上2つが狭いところにツメがあるので、ちょっと難しいです。

 取り付けは、ビックリするほどあっさりです。そう、はめるだけですからね。

 引きで見るとこんな感じです。おおぉ、いい感じじゃないですか!!。これでなんとか無事完了です。

関連記事

CX-5にツイーターKFC-ST01を取り付け
CX-5で岡山国際サーキットを走ってみた
CX-5 1年乗車レビュー
CX-5で鈴鹿サーキットを走ってみた
CX-5 スタッドレスタイヤへ初タイヤ交換
CX-5 フロントエンブレム交換