SUPER F3 RACE & GT ASIA 2013
at 岡山国際サーキット Day.1(2013.06.29)

岡山国際サーキット

 前回、2013年3月にSUPER GTを岡山国際サーキットに撮影に行ってから、「ぜひ、リベンジをしたい!!」という思いがあり、その時から今回のF3を狙っていました。梅雨時ということで、天候を心配していましたが、週間天気予報を見ながら天気がもちそうなことを確認した上で、ローソンチケットで土日通しの前売り券(\3,675)をギリギリでGETして行きました。

Day.1 Day.2

今回は往復共に県道46号線

 前回でも紹介をした県道46号線を抜けるコース。あまり情報が無いということで、車載動画を撮ってきましたので参考にしてください。

 なお、帰りは、ペニンシュラゴルフクラブを経由してのコースも走ってみました。

 結論から言えば、距離的にはゴルフ場経由の方が近いですが、走りやすさと時間を考えると、前者のコースの方がオススメです。

今回から、GレンズにND8フィルターを投入

 レンズ的には、前回と同様にGレンズSAL70300Gを投入です。もう、このレンズにも慣れてきました。

 そして、今回新たに投入したのが、NDフィルターです。実は、前回の撮影の時に感じていたのは、EV値が14の状態で、F5.6・ISO-100で撮影しようと思うと、単純にシャッター速度は、1/500秒までしかならないんですね。これを、1/125秒まで落とそうとすると、F11。ここに、ND8のフィルターを使うと、3段分なので、F5.6・ISO-100で1/60秒まで落とすことが出来ます。

 なので、今回の撮影は、流し撮りに関しては、ND8のフィルター装着状態で撮影しました。ただ、よ~く考えたら、開放値で撮る必要って無いんですよね…逆にF8やF11の方が描写はいいんじゃないの!?って気もしますが…。なので、実際のところは、EV値14の場合、1/100秒ぐらいまでならNDフィルター無しでいけると思います。それよりも遅くしようとすると、絞りすぎによる回帰現象等あるので、NDフィルターがいると思います。

ゲートはメインゲートのみ。人が少ない分、駐車場所はご自由に。

 前回のファン感の時は、問答無用で西ゲートから入り、1コーナーから2コーナーにかけての駐車場に誘導されたのですが、今回は西ゲートは閉鎖されていて、メインゲートからの入場。その後は、ほとんどの車がロッジを通って最終コーナー側に進んでいきます。今回、私は1日目はヘアピンの横の駐車場、2日目は最終コーナーの駐車場に止めました。実は、メインゲート入ってから、左にすすんでいけば、1~2コーナー側のPA-7やPA-6の駐車場に止めることも可能なようです。なので、どこで撮影するのかを考えて、駐車をした方がいいと思います。

マイクナイトコーナー

 ハイスピードコーナーですが、シャッター速度を上げればピタッと撮れます。流し撮りもしたい場所ではありますが、ここもフェンスの隙間が狭く、なかなか難しいです。

ホッブスコーナー

 ここは、マイクナイトと同じでフェンスの空間が一部分しかないので、体勢をキープして取るのがなかなか大変です。

リボルバーコーナー~ハイパーコーナー

 流し撮りをするならココ!というくらい大定番な場所。目安は、1/160秒程度から徐々に短くすると良さそう。リボルバーはそれほど思いませんでしたが、ハイパーコーナーは昼からは逆光方向になるので、午前中の方が狙うにはいいかもしれません。

リボルバーコーナーから1~2コーナー方向

 今回発見したのが、リボルバー~ハイパーの位置から、反対側の1~2コーナーを抜けて行くマシンを狙うというもの。始めは、300mmで頑張ってやっていましたが、意外とワイド側で狙った方がそれとなくいい感じになる気がします。ただ、このあたりは作業車が多く止まっているので、ブラしているとはいえ、あんまり綺麗じゃないですね。

ヘアピン

 ヘアピンは、フェンスギリギリで撮影できるので、フェンス越しに撮影できるのがポイント。ただ、ちょっとミスると、フェンスが映り込んで像が甘くなるので注意が必要です。

Day.1 Day.2
2017 SUPER FORMULA 鈴鹿テスト 清瀬まちRQ大賞グランプリ受賞特集 2016 SUPER FORMULA 岡山テスト 2015 SUPER FORMULA 岡山テスト 岡山ファン感謝デー SUPER FORMULA 鈴鹿テスト 2014 SUPER FORMULA 岡山テスト 岡山ファン感謝デー 2013 岡山ファン感謝デー