岡山国際サーキット ファン感謝デー
& SUPER GT 2017 公式テスト Day.2(2017.03.19)

岡山国際サーキット SUPER GT

Day.1編 Day.2編

※この日の撮影は終日ND8装着して撮影したものです

 さあ、岡山国際サーキット・ファン感謝デー2日目です。

2日目はやはり混雑の予感!?

 実は1日目の午後からちょっとしたパーティーがあり、実は帰宅をしたのが23時すぎ。で、4時起床・5時出発というなかなか強行スケジュールだったんですよね。たぶん、今までの岡山国際に来た中では最短睡眠時間ですね。

 というのも、サーキット到着をしたのが6:50。おそらく、今までのファン感としては一番早い時間だと思います。

 駐車場の写真がないですが、1日目よりも到着時間が30分ぐらい早かったのにもかかわらず、1日目よりも少し遠くなっている…ということは、それだけ来場が多いってことです。何だか、混雑しそうな予感です。

まずは目指すはマイクナイトコーナー

 でも、なんで寝不足にも関わらず、朝早く到着したのかというと、場所取りです。

 そう、マイクナイトコーナーです。実は、去年も2日目の朝一はこのポジションを取りにいきました。

 というのも、去年は7:45すぎにここに到着をしたのですが、その時にすでに先客がいて、2番手だったんですよね。しかも、その後にオフィシャルカメラマンが来て、いくらも撮影出来なかったんですよね。その苦い想い出があって、今年は真っ先にこのポジションを押さえに行ったわけです。

 にしても、天気はいいのですが、このマイクナイトコーナーは、午前中は日が当たらないんですよね。しかも、背後をバンバン車が通るので、車が通る度に寒いんですよね…(×_×)。

 2日目の朝一は、SC訓練からスタート。いやあ、NSXのSCカッコイイっすね。

 まあ、まずまずといったところでしょうか。ただ、さすがに1/80sはかなり歩留まりが悪くなります。基本的には1/100sまでぐらいが無難そう。

続いて本家マイクナイトへ

 一時間ちょっと、思う存分撮影窓で撮影し、次に向かったのは本家のマイクナイトコーナーの撮影窓。

 実は、先の撮影窓で撮影しながらチラチラ見ていたのですが、この日はスゴい混雑で、午前中の走行の前半1時間ぐらいは、常時20~30人ぐらいが群がって撮影していました。そこに、普通のお客さんも混ざるので、それはそれはすごい混雑でした。

 なので、その混雑が落ち着いた頃を見計らって、移動をしたというわけです。

 ちなみに、マイクナイトでの撮影は、皆さん撮影窓の中央あたりから狙う人が結構多いのですが、私は一番右側(最終コーナー側)から撮影します。何故かというと、写真を見て貰えれば分かるのではないでしょうか。

 そう、私が狙うのって、マイクナイトに飛び込む瞬間なんですよね。しかも、ホッブス(ダブルヘアピンの2つ目)を立ち上がってくるマシンを背後に入れるには、出来るだけ最終コーナー側から撮影したいんですよね。

 この構図、実は昨年のS耐の時にたまたま発見したんですよね。本当はレース中にここで撮影出来たらいいんだろうけどなぁ…。

 もちろん、背後にマシンが来るかどうかは結構運試しなところはあるけど、なかなかいいでしょ。しかも、ここはホッブスから立ち上がってくるマシンを見て構えても間に合うから、撮影していて楽なんですよね。

午後からはヘアピンへ

 午前中の撮影を終え、一目散に向かったのはヘアピン。

 実は、去年の2日目もそうだったのですが、オープンピットは完全スルーしました!

 止まってるマシンってあんまり興味ないし…お姉さんもそんなにいないし…って思ってたら、WAKO'SのRQは来ていたみたいですね。

 いやいや、それよりも昼からの場所取りということで、これも昨年と同じくヘアピンで場所取りです。お陰で、下から2段目という好ポジションを確保できました。

 ただ、実は、結局マイクナイトにいた間、ずっと日陰にいたので寒かったのですが、ヘアピンに来てぽかぽか陽気。しかも、昼食のおにぎりを食べて、前夜は睡眠不足で…

 そう、完全にウトウト状態でした…( ̄。 ̄;)

 ホント、もう危なかったです。午後の走行が始まる直前まで、「こんなウトウト状態で撮影なんて出来るのか!?」って状況でした。ただ、さすがに撮影をし始めたら、目が冴えてくるというのがさすが私。

 本当は逆光がなかなかツラいんだけど、これはもうどうしようもないもんな。あと、1/50sはなかなか厳しいです。歩留まり考えたら、1/100s~1/80sがいいところですかね。

やはり最後は最終コーナー

 ヘアピンで1時間ほど撮影し、トボトボとホッブス・マイクナイトとコースに沿って時計回りに周り、向かったのは最終コーナー。

 なんかもう、「私×岡山国際=最終コーナー」というぐらい定番化してきた気がしますが、この日はちょっと様子が違う…。

 写真を見ても分かる通り、オフィシャルのカメラマンが2人もいます。正直、大分ここで撮影してきましたが、ここにカメラマンが来たのって初めてじゃないのかな?。

 で、そのせいなのか、マイクナイトを過ぎたあたりから見ていてると、明らかに10人弱ぐらいいる!(゜Д゜)

 このポジションって、普段は2~3人ぐらいしか居ないんだけどなぁ…。あんまり、このページでも紹介しない方がいいのかなぁ…。

 でも、何故か私が到着したころは、ちょっと人が減ったタイミングで、いつものポジションを確保できました。

 何故か、今回はいつもよりもちょっと早めにシャッター押してます。なので、普段のここでの撮影とちょっと違う感じになってます。

続けて、最終コーナーのターンインを狙う

 実は、先程の撮影窓のポイントと同じく、グランドスタンドの端っこからの下り坂の撮影ポイントのところも、スゴい人がいたのですが、私が撮影窓で撮影している間に人が減ってきたのでそそくさと移動。

 ちょうど赤旗のタイミングというのもあったのかもしれませんね。

 この構図は、1コーナーの立ち上がりか、ここか、というところですかね。

最後は最終コーナー立ち上がり!

 ドンと一気に人が減っていったので、ここぞとばかりにちょっと坂を上り、立ち上がりを狙います。

 ここは、気軽にフェンスの上から撮影できるので、結構混むんですよね。

 結構頑張ってシャッター測度遅くしてみました。なかなかいい感じでしょ?。

Day.1編 Day.2編
2017 SUPER FORMULA 鈴鹿テスト 清瀬まちRQ大賞グランプリ受賞特集 2016 SUPER FORMULA 岡山テスト 2015 SUPER FORMULA 岡山テスト 岡山ファン感謝デー SUPER FORMULA 鈴鹿テスト 2014 SUPER FORMULA 岡山テスト 岡山ファン感謝デー 2013 岡山ファン感謝デー