SUPER GT 2016 Rd.1 岡山 Day.1
(2016.04.09)

 さあ、今年もモータースポーツシーズンの開幕を告げるSUPER GT開幕戦・岡山ラウンド。岡山国際サーキットをホームコース(!?)とする私にとっては、この岡山で一番のビッグイベントに行かないわけには行かないですからね。といいながらも、岡山でのSUPER GT本戦に参加をするのは、今年で2年連続の2年目です。

Day.1編 Day.2編 GT500レースクイーン編 GT300レースクイーン編

Day.1【予選日】4/9(土) 観客数:9,600人

 朝3時前に起床。前日に用意は終えていたものの、ちょっと心配もあったし、早めに目覚めてしまったけど、そのまま起きて荷物を再度チェック。

 今回は、少し余裕を見ていこうということもあり、昨年よりも少し早く、鳥取市内を4時すぎには出発をし、サーキットに着いたのは、5時半すぎ。

 といっても、実はこの時点でサーキットには到着していません。

ここがちょうど場外-1の駐車場をちょっと過ぎたところ。ここで10分チョット止まってました。

 何故かというと、そもそもゲートオープンが6時からだったのですが、どうやらこの日は結構ギリギリまで開けていなかった様子で、西ゲートから伸びるゲートオープン待ちの車列が、場外-1の駐車場のあたりまで伸びていました。この時間帯には、ボチボチと車がサーキットに向い始めていた時間だったので、おそらくもうちょっと伸びたと思います。

ようやくゲートが見えてきました

 で、徐々に車が動き始めたのが5:50頃。なので、おそらく5:45ぐらいに開門になったのでは?。で、ようやくサーキットの駐車場に入れたのが、ちょうど6時ぐらいでした。

 この日は、先日のファン感1日目と同じぐらいの霧。ただ、ファン感は雨上がりの霧でしたが、今回は雨が降らない状態での霧。まだサーキットのあたりはいい方で、一番酷かったのが作東ICを降りたあたりで、視界は100~200mっていうぐらいで、運転がギリギリという感じでした。

 PA-7はこんな感じ。最近はもっぱらこっちに止めるようになりました。

 2コーナー側のPA-6だとこんな感じ。やっぱり、こっちの方が全然空いています。しかも、トイレはこっちしかないですからね。

やっと6時半頃になって、DUNLOPブリッジが見えるように

 本当は、することないので、オープンピットにでも行けばいいのでしょうが、体力温存のために車で待機です。

今回は、ゲストパスをGET!!

 去年は、普通に公式サイトからチケットを購入しましたが、今年は、SUPER GT SUPPOTERS CLUBでゲストパスを手に入れました

 去年の鈴鹿に続いて2回目ですね。実質、前売り観戦券+パドックパスの料金で、グリッドウォークも入れるのですから、買わない理由は無いですよね。ただ、実際に行くとよく分かるのですが、めっちゃこのパスを持っている人多かったです。

[7:30]1コーナー

 今回のSUPER GT本戦では、お客さんが多いので、ヘアピンとかマイクナイトとかは先客が多いのは分かっているし、それにいずれもファン感の時に十分堪能した。とはいうものの、新カラーリングのマシンもいくつかあるので、一様一通りのマシンは撮影をしておきたい。ということで、この日はまず1コーナーから狙うことにしました。

 実はこのポジション、ファン感の時と全く一緒です。ここで、FIA-F4とSUPER GTの公式練習を30分ほど撮影しました。

今年の話題の1台でもあるAMG GT3の中で、エヴァ仕様の111号者

この後、サーキットサファリで炎上し、このフリー走行が撮りおさめとなったGULF Porsche。

マネパランボルギーニ。ウラカンはここをはじめ4台もあります。

なぜか、ARTAってAFの食いつきいいんですよね。

1台だけでなく、複数台絡ませるといい感じですよね。これで1/80s。

HitotsuyamaのAudi R8。メチャメチャスパルタンですな。

スポンサーがPETRONASからauに変わったTOM'S。
ファン感には間に合わなかったので、何気に岡山初見参なんですよね。これも1/80s。

 なかなかいい感じですね。以前は立ち上がりを狙っていた1コーナーですが、400mmがあると、コーナーの中でも狙えます。今回はマシンを押さえておきたいというのもあるので、序盤は1/160sで片っ端から撮っていって、中盤以降、シャッター速度を落としていくスタイルで撮りました。

[9:30~]イベント広場へ移動開始

 9:30を過ぎ、ギャルオンのポジションを確保すべく、イベント広場へ移動開始です。

 こんな感じだったっけ?。なんか今年の方が賑やかな感じがします。各社、結構車を持ち込んでいます。そういえば、日産のところには、旧型のNISMO GT-Rのマシンが置いてあったなぁ。

[10:00~]ギャルオン

 9:40ぐらいには、公式ステージに到着。そもそもギャルオンだけなら、10:30~なのでそんなに焦る必要は無いのですが、今年はサーキットクイーンステージやミスユニバースステージとあまり時間が空いていないので、早い段階で場所を取らないとたぶんダメだろうと判断した訳であります。

 案の定、到着した段階で結構人がいます。そうそう、今年もステージのMCは、こにわさんです。

 何だかんだで4列目を確保。ただ、これぐらいになると、なかなか厳しいです。

 でしょ!。撮影のタイミングになると、みんなの頭だのフラッシュだのが前ボケになるからね。しかも、気付かぬうちに、絞り優先がシャッター速度優先になって、しかも1/100秒って手ブレ怪しいし…α77Ⅱになってロックボタンあるのに、いつ変わったんだろう…orz。

 振り返ればスゴい人。これ、絶対、去年よりも多いと思う。公式発表だと前年より300人多い9,600人らしいけど、いやいや、そんなもんじゃないと思うぜ。

 そうそう、知らないうちに出来ていた液晶ビジョン。どうやら、ファン感のあと、公式テストの前に設置したらしいです。鈴鹿のヤツなんかを見ると、お世辞にも大型とは言えないですけどね。いやいや、無いよりはマシです。

[11:00~]PW隊列に並ぶも車検場!?

 ギャルオンを終え、休む暇も無く、早々とピットウォークの隊列へ。はじめはいつもの事務所の横に並ぼうとしたものの、警備員さんが「PWは車検場の方に並んで下さい」の声。勘違いしていた人も多かったようですが、あくまで2箇所で開門されるという話で、どっちからでも入れるのは同じ。

 ただ、個人的にはレクサス側から攻めたかったので、「それなら最終コーナー側の方がいいや」ってことで車検場側に並びました。そして、この時間を利用しておにぎりタイム。

 実は、何だかんだで、車検場の方のPW隊列に並ぶのって初めてだな。というか、こういう情報って、オフィシャルで発表しておかないのでしょうか?。入口で配られるタイムスケジュールなんかにも全然書いてないし。岡山国際サーキットさん、その改善して下さい。

 実はこのPW隊列に並んでいる時、車検場の横には、サーキットサファリ中に炎上したらしいGULF Porscheが帰ってきたところ。エアーで消化剤を飛ばしていましたが、みなさん、「臭い!臭い!」と嘆いていました。

 そういえば、写真は撮っていませんが、何だかレースクイーンの方々がウロウロしていて、「何をしているんだ?」と思っていたら、12時前になって、50人近いレースクイーンの方々の集団が!!。「な、何なんだよ!!?」と思ったら、どうやらシーズンスタートの集合写真をホームストレートで撮影していたらしいです。いやぁ、驚きました。

[12:25~]ピットウォークスタート!!

 そして、いよいよピットウォークスタート。

 今回は、ギャルオンを押さえているし、とりあえず狙いを定めて撮ることに。もちろん、真っ先に行ったのは、まっちのところですけどね…。

 いやぁ、それにしても人多いわ…(;゜ロ゜)

 よ~く考えたら、サーキット撮影的には、この日が今年4日目で、そこそこ練習試合やってきている感じですけど、ピットウォークに関しては、私は今日が開幕戦なんですよね…( ̄。 ̄;)。しかも、去年の秋のS耐にしても、スーパーバイクにしても、のんびり撮れたところから、いきなりこの状態なので、なかなか大変です。

 なので、少々心が折れて、ちょっと早めに切り上げました。

[14:00~]ギャルオン②

 ピットウォークが終わり、足早に公式ステージに戻ってくると、ちょうど子ども向けのプレゼント抽選会の真っ最中。大体、SGTの午後のギャルオンってこんなパターンです。

 ステージの前に座る親子連れの方々。そして、それを取り囲むように立って終わるのを待つ、ギャルオン狙いの一眼レフバズーカー集団。結構異様な感じです。

 それでもなかなかいい場所をGET。ギャルオンは、圧倒的に中央が視線をもらいやすいので、横の前よりは数列後ろでも中央がいいいかと。そして、前のベテランさんの視線のおこぼれをいただきます。

[15:00~]ドリエン×フレッシュエンジェルズ コラボライブ

 ギャルオンが終わり、予選を撮りに行くにも、その後のPCCJのグリッドウォークにも行きたいので、あまり時間もない。どうしようかなぁ…と思っていたら、ちょうど15時からドリエンとフレッシュエンジェルズのライブがあると分かり、ギャルオン終わりで移動。

 このライブ、時間の関係上、本当のコラボライブは翌日に持ち越しになってしまいましたが、実はフレッシュエンジェルズの曲の時に、途中に音楽が止まってしまうハプニングが…。どうなることかと思ったら、なんとアカペラで歌って踊りを続けるという、アイドルの底力を見せつけました。

 今回、そこまで本気で撮影するつもりでもなかったし、曲の予習なんかも全然せずに撮りましたが、意外といい感じ。1つはたまたまポジション取りが良くて、撮影しやすかったというのもありますが、動きものということで、シャッター速度を結構早くしたのが良かったのでしょう。昨年もフレッシュエンジェルズの踊りをチラホラ撮りましたが、今回の方が全然いいです。

 無論、まっちをメインで狙っていたのは言うまでもありませんが、れんちゃんがメッチャ格好良かった!。終盤、頭のリボンが取れてしまってからが、なんかむっちゃ格好良かったんだよな。結構視線も貰えたし…。

 それにしても、こういうライブの撮影をするとき、α77Ⅱの顔認識の性能に驚くんですよね。今回のライブって、全部AFエリアを全域にして、顔認識オンのAF-Cにしただけで、あとは撮りたい人を追っただけですから。それで、バンバン顔にAFが合っていくんだから、本当に驚きです。もちろん、たまに怪しいカットもありますが、だいたい9割以上はOKショット。それよりもむしろ、シャッター速度不足で被写体ブレを起こすことの方がもっとシビアだと痛感しました。

[16:20~]ポルシェカレラカップ グリッドウォーク

 ドリエンとフレッシュエンジェルズのライブが終わり、まだまだ予選中でしたが、パドックに渡って、PCCJのグリッドウォーク隊列に並びます。

 実は、数日前まで、PCCJのグリッドウォークなんて考えても無かったんです。

 ただ、チケットをよ~く読んだら、今回の「2」のゲストパスって、スターティンググリッドの「サポートレース」の所にも●印が付いていたんです。で、しかも、PCCJのグリッドに、フレッシュエンジェルズが立つという情報を入手し、これは行かない手は無い!と向かったわけであります。

 ちなみに、このゲストパスですが、昨年鈴鹿1000kmでも購入しましたが、その時はSGTのみで、サポートレースは不可でした。なので、サーキットによってサポートレースに可否は差がある気がします。

 以前、S耐なんかで経験済みでしたが、想像の通り、中央からの侵入でした。PCCJということで、入れるパスを持っている人はいるはずなのですが、あんまり人はいません。

 といいつつも、さすがにフレッシュエンジェルズのところだけは、メッチャ人が多かったですけどね。

 まっち狙いはセオリーとして、さっきのライブ終わりということで、妙にれんちゃんが気になる私…。

 そういえば、パドック内にESSO Ultraflo スープラが展示してありましたね。ちょうどパドック裏のトイレの横あたりだったかな。ちなみに、この隣に、クラウンのオープンカーみたいなやつが置いてありましたが、「その時は何だこれ?」って思って、写真すら撮りませんでしたが、どうやら翌日の脇阪寿一引退セレモニーの時のパレードで使われていたようです。

 私的には、PCCJのグリッドウォークが終わった段階で1日目を終えて駐車場に戻ろうとしていましたが、この時点で、キッズウォークの隊列が、ダンロップブリッジから1コーナー方向へどんどん伸びています。これでまだ、キッズウォークが始まる50分前ですからね…恐ろしや…。

 ちなみに、帰りはちょっと駐車場を出るまでが混んだ感じはありましたが、それほど長い渋滞でもなく、また道に出たらすんなり走れたので、問題なしでした。

Day.1編 Day.2編 GT500レースクイーン編 GT300レースクイーン編
MotorSports Column カレンダー サーキット必需品リスト Circuit Guide オートポリス 参戦攻略ガイド MotorSports Repo. 2019 岡山チャレンジカップレース Rd.4 2018 2017 SUPER FORMULA 鈴鹿テスト 清瀬まちRQ大賞グランプリ受賞特集 2016 SUPER FORMULA 岡山テスト 2015 SUPER FORMULA 岡山テスト 岡山ファン感謝デー SUPER FORMULA 鈴鹿テスト 2014 SUPER FORMULA 岡山テスト 岡山ファン感謝デー 2013 岡山ファン感謝デー