GT ASIA & SUPER F3 RACE in OKAYAMA【Day.1編】
(2015.06.27)

 当初、参加する予定ではなかったのですが、5月末のスーパーフォーミュラから8月末の鈴鹿1000kmまで3ヶ月空いてしまうと、ちょっと感覚が鈍ってしまう。それに、チケットそのものが安いし、人も少ないし、駐車場もある程度自由だし、お姉様方も多少は…ということで、天候を見て前の日に参加を決めました。

 F3は、先日のスーパーフォーミュラ以来なのでつい最近ですが、やはり気になるのはGT ASIAですよね。実は、2年前に本格的なレース初参加だったのが、このGT ASIA & F3だったんですよね。去年は、富士とオートポリスということで、実質的に岡山での開催自体も2年ぶりです。

 今回は、予選日となる1日目の様子を紹介します。

Day.1編 Day.2編 レースクイーン編

1日目:6/27(土) 入場者数:1,830人

鳥取にはセブンイレブンが無いんだよ!!

 いつもは、鳥取道~佐用JCT~中国道~作東ICで降りて、国道179号から県道46号を抜けるのがいつものコースなのですが、今回は訳あって、美作経由で県道360号線を通ることになりました。

 というのも、今年から岡山国際サーキットのサポーターズクラブに入会して、年会費が3,000円ちょっとかかるものの、SUPER GTの前売駐車券の優先枠があったり、一般チケットも1割引になるなどのメリットがあるわけですが、1つ問題なのが、チケット発券がセブンイレブンだということなんです。

 鳥取県東部在住の私。そう、鳥取にはセブンイレブンが無いんです。なので、県外に出て、セブンイレブンを見つけて、チケット発券しないといけないのです。

 が、しかし、地図を見ていたら分かるとおり、作東ICの周辺や佐用あたりにもセブンイレブンが無いんです。これまでは別の用事等があって、発見の問題が無かったのですが、今回は当日の発券。だから、美作の2店舗どちらかで発券しなければならなかったんです。

やはり県道360号線は走るもんじゃない!!

 で、美作経由となると、国道374号線を南下して行ってもいいのですが、信号は多いし、遠回りになるし、ネズミ取りもちょくちょくしているらしいし…それなら、前から気になっていた、県道360号線を走ってみればいいんじゃない?と思って、セブンイレブン・美作楢原店でチケット発券を済ませ、この道を初走行しました。

 結構、ビビりながら走っていたのですが、実際に走ってみると案外いい感じ。「これならいいじゃん!」と思っていた矢先、事態が急変します。

 結構、お互いいいスピードで鉢合わせ。驚くほど、ブラインドコーナーが多いので、どこから車が出てくるのか、全く想像できずに走ります。

 さらに、万善地区に出るまでの残り3~2kmのあたりで、ビックリするぐらい上り坂!。なおのこと、車線が狭く、ブラインドコーナーばかりで本当で見えません。これは、正直、走りたくはないですね。でも、たぶん、セブンイレブン引き替えの時は、このルートを走るんだろうなぁ…。

気を取り直して、撮影開始!

本日はマイクナイトコーナーからスタート

 2年前と同様、西ゲートは閉まっていて、メインゲートからの入場。受付では、「Cパドックに駐車して下さい」と言われたけど、たぶん、Cパドックってパスが無いと止めれないと思うんだけどなぁ…。私は、撮影のことも考えて、マイクナイトコーナーの横に止めました。

 まずは、いつも通り、マイクナイトコーナーの撮影窓で。

 日本初登場のベントレー。個人的にはあんまり好きじゃないかな。エンジン音はメルセデス SLSと同じ感じでした。

 続いて、少し最終コーナー寄りの撮影窓にて。

 私が撮影窓から狙っていたところ、GT ASIAのオフィシャルのカメラマンがやってきました。明らかに香港系の方で、ここで撮影していいかい?って感じで来たので、「OK!」と答えました。まぁ、カメラマン優先エリアですからね。それでも、気を使って左側に寄ってくれたので、問題なく撮影できました。

 ちなみに、ここでの撮影は、膝をつくか、しゃがんで撮影しないといけないので足が痛いです。本当はチェアがあると楽なんでしょうけどね。

 ヤバイっすね!。この角度は、マジでハコ車はたまらなくカッコいいです!!。

GTASIAの走行が終わり、ボチボチとパドックへ

 GT ASIAの走行が終わって、ボッチリボッチリとパドックへ向かいます。

 今回、入口で「駐車場はCパドックへ」と言われましたが、どうやらCパドックそのものは、VIPや別のパスを持っている人だけみたい。

 そして、パドックへ到着。

 やっぱり、普通のレースと比べると閑散としてますよね。F3が1コーナー方向、GT ASIAが最終コーナー方向にそれぞれ寄っていて、その中間にはガレージ2つ分ぐらいがガラガラだったので、なおさらでした。

 ただ、普通の国内レースと違うのは、GT ASIAのパドック裏がコンテナが並んでいたということ。いかにも国際戦という感じがします。にしても、空いてるコンテナからは、なんか独特のニオイがしていました…。

 さらに、最終コーナーに近いところでは、GT ASIAのマシンが所狭しと並んでいました。たぶん、順番に車検を受けているんだと思いますが、にしても、これだけのスーパーカーがズラッと並ぶと、さすがの迫力ですよね。

なんと、ピット裏で公式な撮影会が…

 ピットウォークが始まるにしては、少し早い時間にパドックに向かったのには理由がありました。というのも、GT ASIAのいくつかのチームに、国内のRQが参加するという情報を入手し、さらには公式にピット裏で撮影会をしますよ!という情報も入手していました。ということで、ちょっこし参加しました。

 う~ん、これはこれでいいんですけど、なんかなぁ…って感じがしますね。やっぱり、RQはピットかグリッドで撮影しないと、なんか雰囲気が出ないですよね。さすがに、シャッターの前って…とかいいながら、撮影しましたけどね。

いよいよピットウォーク

 実は2年前は、土曜日のピットウォークは参加してなかったんですよね。「走っていない車には興味が無い!」って感じで。今回は、開始20分前ぐらいから並びましたが、それで最前列。ただ、その前のマツダ・ファン・サーキット・トライアルの終了が10分遅れたことで、ピットウォークの開始時間も10分遅れました。

 今回は、パドックフリーだとはいえ、入場者数が2,000人を下回っているので、結構スカスカなピットウォークです。

 GT ASIAで、日本人のRQが参加していたのは、3チーム9名のRQ。

 ほかにも、海外の方がRQをしているチームが3チームぐらいありました。(1チームはまちがいなく、欧米っぽい方で分かりましたが、残り2チームはアジア系の人で、ハッキリとは分かりませんが…)

 にしても、開始が10分遅れなのに、終わりは予定通りというのはなかなか時間的に厳しいです。元々、チーム数も少ない訳ですが、そもそもの時間が短いのに、それをさらに短くされてはなかなか…。まぁどうにかしましたけどね。

F3の決勝はしばし休憩を兼ねて観戦

 ピットウォークが終了し、次はF3の決勝の時間ではありましたが、今回はあくまでボチボチ撮影をモットーにやるので、しばし、昼食を食べながら、F3のスタートを観戦。今回も、昼食は焼きそばと牛串。最近、いつもこの組み合わせだなぁ。

再びマイクナイトに戻って、GT ASIAを撮影

 再びマイクナイトに戻ります。

 マクラーレンいいわぁ…SUPER GTでもGT300で走らないもんかねぇ…。

Day.1編 Day.2編 レースクイーン編
MotorSports Column カレンダー サーキット必需品リスト Circuit Guide オートポリス 参戦攻略ガイド MotorSports Repo. 2019 岡山チャレンジカップレース Rd.4 2018 2017 SUPER FORMULA 鈴鹿テスト 清瀬まちRQ大賞グランプリ受賞特集 2016 SUPER FORMULA 岡山テスト 2015 SUPER FORMULA 岡山テスト 岡山ファン感謝デー SUPER FORMULA 鈴鹿テスト 2014 SUPER FORMULA 岡山テスト 岡山ファン感謝デー 2013 岡山ファン感謝デー