SUPER F3 Race 2017 in OKAYAMA Day.1(2017.04.01)

Day.1編 Day.2編

 いよいよ4月に入り、モータースポーツも本戦が今年も始まります。この日、世の中的にはSUPER GT開幕戦 at 岡山の1週間前。もてぎではS耐の開幕戦、富士ではSUPER FORMULAの公式テスト、お台場ではD1がある中、私が向かったのはホームコースの岡山国際サーキット。というのも、今年はスケジュールが変更され、春の一番の頭にF3が単独開催で行われることに。

 でも、正直、翌週にSGT開幕戦があるのに、わざわざこのタイミングでF3に行く…というのはもちろん理由がありました。そもそも、行くことを決意したのも5日ほど前でしたからね。と、その理由は後ほど。

Day1(入場者数1,050人)

いつになくのんびりとした朝

 今回は、スケジュール的にも内容的にもそんなに焦ることはないので、市内を出発したのが7:30すぎ。しかも、急遽ピットラウンジを購入したので、美作のセブンイレブンに寄ってチケットを発券してからの参戦です。久しぶりに県道360号線のルートを走りましたが、いやいや、相変わらずのハラハラドキドキです。

 そして、サーキットに到着をしたのが、9時すぎ。やはり、最近にはないのんびりした到着です。

 今回のラウンジパスはCパドック駐車。ただ、いつもはヘアピンのあたりにいる警備員さんはいないし、ラウンジ用のエリアが確保されている訳では無いので、事実上、誰でもCパドックに止めれる状況。って、それって駐車パス不要じゃないんですか?

とりあえずヘアピンで撮影

 そもそも、今日の目的はマシンではあまりないのですが、まあただ待っていても暇なので、とりあえず、ヘアピンに移動してF3の予選を撮ります。

 正直、こういうスタンスだったので、あえてα6300+SEL70300Gの組み合わせで手持ちでの撮影です。

 ちょっと移動して撮影…。

 といっても、5mぐらいしか変わらないですけどね。

 う~ん、去年の記事にも書いたことがありますが、一脚がないと完全にダメダメですね。慣れって怖いものです。

気を取り直してパドックへ

 F3の予選も終わり、再び車に戻って荷物を整理したところでパドックへ。

 今回のレース、まだそれでもF3側の方はいいのですが…

 PCJや他のカテゴリーの方はガラガラでした。正直、こっちからPWやGWも出入りできたんじゃないの?ってレベルです。

さあさあ、今回の本題です。

 はてさて、今回の本題はこれからですよ。なぜ、私がSGTを翌週に控えているのに、F3のレースに来たのか…。

 しかも、F3のレースのピットラウンジを購入だなんて…。

 まあ、今回のF3はパドックフリーだったとはいえ、観戦券 3,780円/土日通し + 駐車券 1,650円/日 × 2日 = 7,080円。

 それに対して、ピットラウンジは、10,800円。3,000円ちょっと高いけど、それで公式プログラムに日曜日の昼食、ラウンジが使えて、グリッドにも入れるんだから、絶対こっち買いますよね。

いきなり女神が御降臨!

 で、ピットラウンジで一休憩して、F4のグリッドウォークに並びます。

 といっても、このグリッドウォークに参加してたのって、私を含めて4~5名ぐらいだったと思います。

 岡山国際のグリッドウォークに参加したことがある人なら知っていると思いますが、ピットからマシンが全車出てしまうと、ピットに入ることが出来るのですが、そこからグリッドに出るには、マシンがホームストレートに並ばないとイケないので、しばらく待っていました。

 そしたら、周りのカメラマンが急にカメラを上に向けはじめるではありませんか!

 「ん!?何だ!?」

 と思い、慌てて上を見ると…

 うぉ~、いきなりのまっち様が御降臨!

 そうですよ。何を隠そう、今回は完全に彼女狙いです。

 実はF3でEXEDYのRQをするというのは発表されていたのですが、同時にD1でもRQをすると発表されていて、この4/1-2って岡山でF3開幕戦、東京でD1開幕戦と、まっちはどっちに出るんだ?って言われてたんです。正式にはギリギリ前日ぐらいだったのですが、私はちょうど1週間前ぐらいに彼女がF3岡山行くよ!というTwitterの返信を見て、今回行くことを決めたんです。

 いやあ、それにしても、ちゃんとこっちに気付いてくれて、視線くれてるし!

 さらには、EXEDYのピットはちょうどEXEDY看板があるところで、しかもちょうどそこのゲストルームがEXEDYのゲストルームだったんですね。なんか、スタートを見守るまっちって感じでいいじゃないですか。

 あまりの嬉しさに、その直後、Twitterに上げてしまいました。

 もちろん、そのあと、F4のグリッドに撮影に行くのですが…

 岡山国際サーキットクイーンには悪いのですが、私はもうこの時点で完全に浮かれていたのは間違いありません。

F4を見ながらちょっと休憩

 F4のグリッドウォークが終わり、「まあ昼ご飯でも食べに行こうか」と思い、レストランに行くも「閉店」の文字…

 いやあ、ファン感来たときに全然気付かなかったわぁ…って、そうだ!、ファン感の時、パドック入ってないわ…

 さすがのピットラウンジも、土曜日はお弁当があるわけではないので、ちょっと焦りが…

 でも、「もしかして…」と思って向かったグランドスタンド裏に、名物の山賊焼き屋といつものオムソバの店が出ていました。マジ、助かったぁ…。

 なので、結局いつも通り、オムソバと唐揚げを購入してしばし休憩。

 グランドスタンドに居続けても肌寒いのでラウンジに戻りましたが、1日目は結構ラウンジはガラガラでした。事実、私1人しかいないなんてことがちょこちょこありましたからね。

 にしても、実はこの前の日、職場の送別会で11時半まで飲んでたんですよね。お陰様で、寝落ちしそうでホント危なかったです。

気を取り直して、F3のグリッドウォークへ

 さあ、眠気を飲み込んで、F3のグリッドウォークに並びます。

 ただ、並ぶと言ってもスタート進行開始10分前にようやく並び始めたぐらいで、しかも並んだのも40~50名ぐらい。さらには、一度ピットに入った後に、グリッドに入る手前でまた待機するので、結局のところ、速く並ぶ必要はまずないと思います。

 他のカテゴリーのグリッドウォークを経験すると、メッチャ平和です。

 F3のグリッドといっても、サーキットクイーンを覗いたら、まっちともう1名の2名だけでしたね。しかも、その方は隣のグリッドだったので、撮影はメッチャ楽でした。

 サーキットクイーンは下位カテゴリのグリッドで撮影できるので、もちろんスルーで。

 いやあ、バッチリじゃないですか!

 たぶん、SFと共催のF3はここまでガッチリ撮れないだろうなぁ…。

F3決勝レースはパイパーで

 そもそも、F3のマシンを撮るのか悩みましたが、さすがに、マシンの写真がないのも寂しいので、パドックからササッと行けるところということで、パイパーのアウト側で狙ってみました。

 そういえば、昨年のS耐以来かな。

 う~ん、何か来る度にここでの感触が悪くなってる気がするなぁ…。

決勝レース後にパドック裏で…

 F3のレースが終わり、ラウンジに戻ってきたら、ちょうどまっちがピット裏にいて、ファンサービスをしてました。

 なので、私も何気に撮影させてもらいました。

 正直、今回みたいにガッツリ撮影出来たら、あえてピット裏で撮らなくてもいいかもしれませんが…。

 ただ、この時にまっちの方から、

 「先程、Twitterで写真を送って下さりましたか?」

 と言われて、ちょっと照れました。

 まあ、確かに、あの写真を撮れたのって、数人しかいないわけで、たぶん体格で覚えられちゃったんでしょうね。

 何でしょう、この妙な恥ずかしさ…。でも、そのお陰かな?、これ以後の撮影では結構気にして視線くれてました。

最後は再びF4のグリッドへ

 そして、この日の最後は再びF4のグリッドへ。

 実は、この日も別の人の送別会があり、このグリッドウォークに参加をしたタイミングで帰りました。

Day.1編 Day.2編
MotorSports Column カレンダー サーキット必需品リスト Circuit Guide オートポリス 参戦攻略ガイド MotorSports Repo. 2019 清瀬まち RQ引退特集 岡山チャレンジカップレース Rd.4 2018 2017 SUPER FORMULA 鈴鹿テスト 清瀬まちRQ大賞グランプリ受賞特集 2016 SUPER FORMULA 岡山テスト 2015 SUPER FORMULA 岡山テスト 岡山ファン感謝デー SUPER FORMULA 鈴鹿テスト 2014 SUPER FORMULA 岡山テスト 岡山ファン感謝デー 2013 岡山ファン感謝デー